大型2種免許の取得は大変?

大型2種免許の難易度は最上位であると言われています。1発で合格できる人の割合は8%にも満たないということからも、その難易度の高さがうかがえます。学科試験に合格することはできても、技能試験で不合格となってしまう人がほとんどで、多くの人が何度も試験に挑戦して免許を取得しているのが現状です。なぜ、これほどまでに大型2種免許の取得は難しいのでしょうか。

大型2種免許を持つことで、旅客運送目的の大型自動車を運転できるようになります。車体が大きいために、車幅感覚や内輪差をつかむことが難しいということもありますが、「お客様を乗せて運転する」ということが、他の免許との大きな違いになっています。仕事として運転することになるため、運転が上手なだけでは大型2種免許を取得することはできず、安全確認や気配りが徹底できていることが必要条件となっています。大型2種免許取得の教習には、応急救護の時間が多く取られていますし、車内の揺れ具合や、ゆるやかな走行ができているかなどが厳しくチェックされます。試験は減点方式で進んでいきますし、他の免許よりも、厳しいチェックがなされているため、大型2種免許の取得は困難になっています。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

大型2種運転免許取得の手引き

バスの運転手になることが夢であったり、転職したりする関係で大型2種運転免許の取得を目指している方も多いのではないでしょうか。しかし、普通自動車に比べてはるかに大きな車体であるということ、お客様を乗せる仕事として運転するということで、免許が取れるのかと不安になることもあるかもしれません。

事実、大型2種免許の取得は他の免許に比べて難易度が高いです。運転技術だけでなく、人の命を運ぶために安全性を高める心配りができているかということが大変重視されるからです。そのため、技能試験に何度もチャレンジしたうえで合格を勝ち取る人がほとんどなのです。一度落ちたくらいで肩を落とす必要はありませんが、試験費用も重なってしまうため、効率よく合格したいものです。すでに大型1種や大型仮免許を持っている場合には、教習所に通わないで試験を直接受けてしまうという方法もありますが、効率よく学習したいという方には教習所で学ぶことをおすすめします。

このサイトでは、なぜ大型2種免許取得が難しいのか、合格のためにすべきこと、さらに教習所に通うべきか免許合宿に参加すべきかということを紹介していきます。難易度が高いといっても、ポイントを押さえることで、試験合格率を上げることはできます。何度か試験に落ちてしまった人も、自分に足りないポイントは何だったのかを探りながら読んでみてください。取得が難しいだけあって、取得できたときには大きな自信がついているはずですので、諦めずにチャレンジしていきましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket